2013年08月02日

盆とんぼ

022.JPG032.JPG

水ととんぼは、切っても切れない関係と思うが、川で遊び始めると増えてきたような気がする。家に帰って打ち水をしたら、今までいなかったのに、いっぱいのとんぼが寄ってきたのはどういうことだろう。んんんわからん。

昨日、協力隊の方たちと3人の女性が挨拶にきてくれました。ふるさとまつりの手伝いをしてくれるということで、‘松明‘を作る手助けをしてもらいたいと思っている。まず縄を綯うことをしてもらって、薪の運搬、竹の伐り出し、子守、束ねる、反省会(缶ビール等)、「人生に無駄な経験は何一つない」誰が言ったか知らないがついでに、寺田寅彦「順調な人ほど不運なひとはいない」も一つ私の名言「ほとんどがうまくいかない」

posted by い和 at 11:09| Comment(0) | 日記

2013年08月01日

大根の芽

003.jpg011.jpg018.JPG023.jpg

大根を観察することになりました。728日種蒔き、731日朝発芽確認。夕網掛け、あしなか剣士素振り。

 

posted by い和 at 08:11| Comment(0) | 日記

2013年07月29日

北川小学校

012.jpg045.jpg047.jpg

夏休み、孫が二人やってきた。一輪車に乗れるようになったというので、小学校へ行って借りたが、全部空気が抜けていて、ムシゴムも換えたりして乗れるようにさせていただいて、技を見せてもらった。お見事、お見事。 明くる日はプールお願いして、遊ばせてもらった。その次の日には友達もできて、早速車庫に集まって、DSとか言うやつで遊んだりしてくれまして、ありがとうみんな。まだ1カ月ある「ほらみんな外は晴れよ」と言って遊ばせたいが、じいは付いていけないから、黙っているが、テレビ観賞ばかりじゃいけないな。川原へ行って飯でも食うか。

 

posted by い和 at 09:49| Comment(0) | 日記

2013年07月25日

ピアノ発表会

010.JPG013.JPG014.JPG024.JPG













 あんなに小さかった子が、たくさんの人の前でピアノを弾くなんてことになるなんて、感動です。



「ちょうちょう」から「ピアノソナタ」まで小さな子大きな子、いろいろな演奏に飽くことのない時間でした。演奏の前、先生が「緊張してる?」「うん」。







posted by い和 at 15:34| Comment(0) | 日記

2013年07月11日

ドクターヘリ(訂正)

003.jpg005.jpg007.jpg010.jpg

先ほどのブログは大変な誤りでした。本番だったそうです。やはり、近くの人が熱中症で運ばれたのでした。その方その後、回復してご飯もりもり食べていたそうです。よかったです、確認確認、誠に失礼しました。

posted by い和 at 10:11| Comment(0) | 日記

ドクターヘリ

003.JPG005.JPG007.JPG010.JPG

7月9日北川グラウンドにヘリコプターが降りた。グラウンドゴルフをやっていて熱中症になったのでなく、訓練だったのでしょう。

大変暑い日のことでした。30分ほどいましたか。

posted by い和 at 09:10| Comment(0) | 日記

2013年07月02日

異常気象?

003.JPG

「親の意見となすびの花は、千に一つのあだがない」などといった風な言葉を耳にしたことがあるが、どうも怪しい。親の意見もまあまあだが、なすびの花がポロポロおちているかと思えば、きゅうりの実といえば、妙に筋が入ったり、写真のように実に葉が生えてきたなど初めて見ましたが、どうも地球変ですぞ。昔に準え、そろそろ清貧の気構えも心得なくてはなるまいか。

posted by い和 at 20:00| Comment(0) | 日記

2013年04月23日

田舎の店

040.JPG

週に一日、店に魚が来る。魚が好きな私は大体出かけて買ってくる。安くて新鮮。ブリ、サバ、カツオ、カンパチ、イカ等々。清水サバを刺身で、カツオも旨い。滅多に見ない鯛が一匹、寂しそうに並んでいた。あまりにも安かったので買ってきた。鯛は刺身と言っても、皮は引かない。鱗だけとって湯引きにして食べると皮目の甘みが何ともまあ旨い事。アラは鱗をきれいにこすりとって、澄まし汁にする。これまた旨い。その頭を半分にしていたらこんなことになったのであります。

posted by い和 at 18:09| Comment(0) | 日記

2013年02月21日

春まだ遠く

004.JPG028.JPG014.JPG016.JPG

「さぶ(寒)いのう」、「今日はぬくい(温)いのう」三寒四温は冬の季語。暦に春来たれども春まだ遠く、六寒一温というところか、山には雪あって、我が家の庭は霜柱、隣の庭は福寿草、されど孫たち猫柳で遊んでいる。頭は海へ、体は炬燵へ。

posted by い和 at 09:15| Comment(0) | 日記

2013年02月08日

散骨

001.JPG

 奥さんと、息子さんの手によって、骨は海へ撒かれ、船の汽笛と共に投げられた花の周りを三度回って散骨の儀を終えた。この初めての光景に感動を覚え、強風の中、清々しい釣りができた一日でした。

 不思議なことがあった。くじ引きの話だ。船は2隻。北川からなんと奥から前浦・大城・谷・大城4人のバカ者が参加。ABに分かれるが全員がA、こんなことではない。Aは22人が乗る。みんな別々に引いたにも関わらず、前浦22番、大城(ひ)21番、谷20番、残念ながら大城(い)は7番だったが、近所ばっかり愛媛県(武者泊)まで来て3人ひっつくこともなかろうがと笑ったことだ。

閉会式の最後に息子さんが挨拶をした。「父は好きな西海に行きました。ここで好きな釣りを存分に楽しむでしょう。みなさん、またこの海へ来たら、父と一緒に楽しんでください」。

閉会式を終え次は柏崎(由良)、一泊するが飯がない。刺身を売っているところはと、きょろきょろ運転、あった「フードセンター」何かはあるだろうと入ってびっくり、徳島では見当たらないくらいに広い店だ。刺身寿司は買った。連れが「焼酎になかなかいきあたらんぞ」止むなく店員に尋ねる「あのー、お酒のコーナーはどこに」酒・焼酎種類も豊富、迷った挙句、安いのにしたことは言うまでもない。宿に着いて、刺身を食って焼酎飲んで、明日は好い天気だろうと楽しみながら床に就いたのは7時過ぎだったか。長い長い夜だった。

 

posted by い和 at 12:39| Comment(0) | 日記